出産内祝いとは何でしょう

出産内祝いとは、どのような行事で、どんなタイミングでどんなものを送るのでしょう?もし、親戚や兄弟で、子供が生まれた場合、出産内祝いはどの様な形式で行うのが良いのでしょう。
本来、出産内祝いは、子供が生まれた場合に、親戚や友人に喜びを込めて配るもので、自家のお祝い行事として行う行事です。
これが内祝いなのです。

出産内祝いは、送る時期も決まった期間があります。
正式では、お宮参りを行う頃で生後約1か月頃の時期になります。
しかし、近年では、ちょっとした変化があり、出産内祝いを送るのは、頂いている出産内祝いのお返しとして送る事があります。
その場合は、生後1か月頃までに、お祝いを貰った方へお返しとして送る事になります。
出産内祝いにも、マナーがあります。
例えば、送り方や「のし」の付け方等、色々なマナーや風習があるので、送るときには、注意しながら送りましょう。

風習別では、「のし」の他に、命名札を付ける地域もあります。
命名札の場合、上に「命名」と書き、下に「名前」を記入して飾る短冊です。
命名札の本来の目的は、もらった人が、家の中の目につく場所に貼り、毎日眺める事により、生まれた子供の名前を覚える事が目的と言われています。
このように、出産内祝いを送る際には、きちんとしたマナーを守り、風習に気を付けて、送るようにしましょう。
ここでは、マナーや送る時期等について説明します。
他にも詳しく解説しているサイトはありますので、参考にしてください。



≪Special Link≫
出産内祝いにぴったりの高級米の通販サイトです ⇒ 出産内祝い 通販

Copyright © 2014 出産内祝いってどんなもの? All Rights Reserved.